側面にダイヤモンドが留められた結婚指輪

ロゴ アレットフォーマリッジ

来店予約電話 フリーダイヤル

Column

32.側面のダイヤモンドが輝く結婚指輪のオーダーメイド

*

2015年8月22日


ダイヤモンドが指輪の表面(上)に留まっているデザインが多いかと思いますが、
表面の他に指輪の側面(サイド)や内側にも留めることも可能です。

側面にダイヤモンドが入った結婚指輪

内側にダイヤモンドを留めると、他人からは見えないので自分だけの秘密の宝石になりますね。

外側に比べリングの内側は何か硬いものにぶつけることもないので、宝石が傷つく心配はありません。

硬度が低い誕生石などはリング内側に留めると良いでしょう。

また、真偽の程は証明出来ませんがダイヤモンドなどの宝石・誕生石に触れていると御守りになったり幸運がもたらされるといわれています。

側面にダイヤモンドがあるリングはオシャレなデザインだと感じる人が多いようです。

表面に比べ控えめ。そして、さりげないオシャレ感を演出します。

ダイヤモンドが自分側にして指輪を身に付けるとダイヤモンドの輝きを楽しめますし、反対側にすると、他の人に見せることが出来ます。

両側にダイヤモンドを留めることも可能です。

ダイヤモンドの数や位置はご希望に応じてお決め頂けます。

自分達だけのオリジナルデザインの結婚指輪のご注文をオーダーメイドで承ります。


ダイヤモンド・誕生石の結婚指輪はこちら>>